リクパパの中古マンション&リノベーション日記

長男の誕生を期に中古マンションをリノベーションして購入。物件探しからの日々を綴ったブログです

【中古マンション&リノベーション】内見した物件の数

内見した物件の数と期間

 

  • 内見した物件の数:21件
  • 内見回数:7回
  • 期間:約3ヶ月

 

最終的に購入したのは中古マンションだったのですが、参考までに中古の戸建て2件、新築マンション2件も内見しました。

 

なるべく多くの物件を内見するべきか?

あまりに色々な物件を内見すると、かえって迷って決められなくなると言う話も聞きますが、自分の結果から言うと「ある程度の数は見ておいた方が良い」と思いました。

もちろん物件に対しての希望は内見前にある程度決まってはいるのですが、やはり実際に物件を見ると変わってくるところもあります。内見していくうちに自分達が必要な広さの感覚、マンションや周りの雰囲気など、自分達の好みが形成されていくような気がしました。

 

抽象的な話になってしまいますが、最終的に購入を決めたマンションは内見してすぐに「あ、ここしかない…」と感じることが出来ました。

 

内見した次の日に買付申込者を仲介業者に送付。二週間後には売買契約をしていました。(ちなみに売買契約した次の日に、予定日より3週間早く妻が長男を出産!家が決まって息子もホッとして出て来たのでしょうか…)

 

 気になる物件は出来るだけ内見に行く

 

物件探しは情報収集やあちこち歩き回ったりして時間も体力も消耗するものです。(特に自分達の場合は妻は妊娠中だったので…) 

 

自分達が最後に内見した時は、妻の出産の予定日まであと1ヶ月を切ったタイミングだったこともあり「ここがダメだったら来年かな。今の賃貸の更新前までに決めれれば良いか。」とちょっと物件探しに疲れ始めていたタイミングでした。

 

自分達もそうでしたが、良い物件に出逢えないと途中で諦めモードになったしまうこともあると思います。ですが、いつ自分達の希望にぴったりな物件に出会えるかは探し続けるしかないはずです。気になる物件があれば積極的に内見に行くのが良いかと思います。